書店で宅建の教材を選ぶ時の心得は?

このページでは、独学で宅建の勉強をする時に必要で、かつ適切な教材のお話しをします。独学で宅建を目指す方の合否のポイントは、ほぼ教材選びに掛っているといっても過言ではありません。学習準備としては最も気を配りたいことですので、ぜひ参考にしてみてください。

宅建の試験対策に最低限必要な教材は「基本テキスト」と「過去問題集」の2冊です。
ほかに、予想問題集や六法、判例集などを数え上げる人もいますが、上の2冊が揃っていれば、ひとまずひと通りの勉強はできます。

少し回り道をしますが、独学者が使う「市販のテキスト」と、資格の専門学校や通信講座が提供する教材は、基本的に編集方針が異なっていることを理解しておくとよいでしょう。

大きくどこが違うかといいますと、市販のテキストはページ数も多く厚くなるのが一般的です。独学では、スクールのように講師が授業ですみずみまで解説してくれるわけではないので、テキストを厚くしなければ役割(合格)を果たせないのです。

初学者が学ぶ基本テキストは、500ページ以上であること。

初めて宅建の勉強をする人が、300ページ前後の分量のテキストで勉強しても、まず合格はむずかしいでしょう。内容がコンパクトにまとめられているこれらのテキストは、すでにある程度宅建の知識を積み重ねてきた人が、時間を節約して勉強できることを目的に編集されているからです。

「長短期」、「最短」などと書かれていますから、これらのテキストは初学者の方にはとても魅力的に映るでしょう。しかしこれらの広告の文言は、あくまで短い時間で読み通せるということであって、初学者にも短い時間で合格の実力がつけられるということではありません。そこのところを誤解しないでくださいね。

  1. 基本テキストは500~600ページのボリュームがあるテキストがお薦めです。
    これらのテキストなら、初級者がつまづきやすいポイントも丁寧に解説されています。
  2. 「自分に合ったテキスト」を選ぶようにしましょう。後に何冊かお薦めの書籍を紹介しますが、初級者が内容まで吟味して、最も適した1冊を見つけ出すことはむずかしいと思います。
    そのため大切にしてほしいのが、そのテキストに馴染みやすいかどうかの印象です。それはイラストや図表がたくさんあるとか、色も2色以上使っているとか、読んでいて疲れない書体を使っているとか、そういうことです。
    体裁の好みはみなさんそれぞれに違うでしょう。ですから、あなたが感じた「印象」を大切に選ぶことようにしてください。
  3. なるべく余白の多いテキスト このこともその方次第ではありますが、宅建の学習では、サブノートを作る必要はないかもしれません。
    しかし宅建の勉強をしていると、気づいた点などをどこかに書き込みたくなることがたくさんあります。ですから、基本テキストや過去問集をノートとしても使えたら効率的なのです。

お薦めの基本テキスト

  • 『パーフェクト宅建』(住宅新報社)
    ページ数は600ページを超え、合格に必要な情報がすべて網羅されています。「ゴロ合わせ」や「イラスト」は少ないですが、読んでいて分りやすい編集がされているのが魅力です。
  • 『らくらく宅建塾』(週刊住宅新聞社)
    「ゴロ合わせ」や「イラスト」がたくさん使用されていて、暗記をうながしやすい、社学者に優しいテキストです。わかり易いという点ではお薦め度はNo.1です。

過去問題集は基本テキストとセットで!

基本テキストの選択が決まってしまえば、過去問集選びも自動的に決まります。テキストに対応した問題集が出版されていますので、必ず同じ出版社のものをセットで購入するようにしてください。同一の出版社ですと編集方針も統一されています。テキスト←→問題集の往復学習で時間をムダにしないために、このことが大切なのです。
もうひとつつけ加えますと、過去問は最低10年分の問題を網羅した一冊を選びましょう。

その他の教材

予想問題集

予想問題集は、予備校の講師等が、今年出題されそうな問題を予想して作成しています。過去の本試験の出題をまとめた「過去問題集」の内容に比べ、一般的に問題の内容もむずかしく作られているのがこの予想問題集です。
そのため高得点を上げる実力をつけるためには力を発揮してくれるのですが、使い方をまちがえますと知識の混乱にもつながりかねません。初学者の方は、予想問題集の扱いには十分注意をしてください。

マンガ教材

たとえば「これだけ!!宅建・マンガ宅建入門」など、本格的な学習に入る前に、マンガで解説された入門書を一冊読んでみることはよいことです。
特に初学者の方には、法律は取り付きにくいものです。馴染みやすいマンガから始めて、予め宅建で学ぶことの全体像を見渡しておくと、基本テキストにもスムーズに入っていけるはずです。