純粋に、学ぶことを楽しみましょう。

このサイトは宅建の資格取得を目指す方の一助になればと思い制作しました。
ですから当然のことかもしれませんが、試験対策のノウハウといいますか、方法論の話しに終始してしまった感があります。

でも勉強も仕事もなんでもそうですが、方法論だけでは、物事は上手くいかないと思います。
私自身、精神論はあまり好きではない方ですが、最後は何ごとも本人の「気持」に掛っている気がします。人生50年近くも生きていると、やっぱりそう感じてしまうのです。

私は本当は、「本試験までの4~5ヶ月は、何がなんでも歯をくいしばって頑張りましょう」、とストイックなことが言いたかったわけではありません。

宅建の試験対策を通じて、みなさんに「本気になって学ぶことの楽しさ」をもう一度思い出してほしかったり、新しいことが身につくことで、ほんの僅かでも新しい世界が広がることの喜びを感じてほしくて、このサイトを執筆してきたような気がするのです。

私も、「全力を出し切りたい」なんて、頭のどこかで思うことはしょっちゅうありますが、人間なかなかそうは上手くいきません。
やはりしっかりした目標があったり、絶対破ってはいけない約束や締め切りがないと、人はなかなか本気になれないもののようです。

宅建学習の4~5ヶ月の期間ではありますが、本気になって勉強をできる機会というのは、人生にはそう何度もないことだと思います。

ですから、高校受験ですとか大学受験ですとか。勉強が苦しくても活き活きと毎日を過ごすことができた、あの頃の学ぶことの純粋な楽しさを、この機会に追体験してみてほしのです。

勉強が楽しくなると、生きる事にも真剣になれるはずです。
逆かな?生きることに真剣な人が勉強にも真剣なのかもしれませんね。

それから未来は誰にとっても未知数なものですが、「新しい知識が開けると、今までとは何かが変わってくる」ということだけは確かです。

これはみなさんが晴れて合格を手にしたあとのことですが、いまは多くのみなさんにとって「目的」である宅建の資格が、合格後は、未知数のよいものを引き寄せる「手段」に変わっているはずです。

ですから試験を目指す以上は、必ず1回で合格してほしいと思います。
それは、純粋に学ぶことを楽しむことで可能になるはずです。
ご健闘をお祈りしています!