宅建の最新の勉強法に六法は登場するのかしないのか

宅建の試験では、法令に関する問題の比重がとても高いですね。 法律関係の資格ではないものの、法令への取り組みが受験中は不可欠になることは間違いないです。

ところで、弁護士に代表される法律関係の資格の勉強では「六法全書」の出番が目立ちますね。宅建の試験でも、六法は確かにバイブルのような位置づけをされていたものでした。

それなら宅建の受験にこれからチャレンジする人は、テキストや問題集のほかに六法も使わないといけないでしょうか? 

実は、昔であればその答えは「イエス」。しかし今ではイエスとはいいきれません。用意したテキストや問題集の中身を見ないとはっきりといえなくなっているのです。
ようするに、いまどきの優良なテキストだったら、六法をいちいちひかなくてもよい構成になっているものが登場しているのです。

六法には法令の原文が書かれていますね。そこから読んだほうが確かに深部から理解できるはず。ややこしいところを勉強するときは確かに六法も使ったほうがいいことがあります。

とはいえいまどきの受験者の大半は、「てっとり早く宅建に受かってしまいたい」という動機でいっぱいでしょう。時間を無駄にしたくないのだったら、「六法を読まなくてもよい構造になっているテキスト」を使ったほうが正解ですね。
通信講座等を中心に探せば、六法なしでもOKの教材を確立しているところは見つかります。